彼女に連絡するベストな頻度とは?【長く付き合う心理学】

toko_profileアラサー女の星田です。

今回のテーマは、

「彼女と長く付き合うにはどのくらいの頻度で連絡をするのがベストなのか?」

女性は連絡を取るのか好きだから、たくさんメールや電話をした方が良いと思っている男性も多いようです。

ですが、連絡をするタイミングや、返事が来ない時の対処法などを知らないと、連絡が原因で冷められてしまう・別れてしまうなんてこともあります。

筆者の経験もふまえて女性の心理を考えながら、彼女へのベストな連絡について説明していきます。

彼女とどれくらい連絡をとっていますか?

どちらかというと男性よりも女性の方が、メールや電話など連絡がマメなタイプが多いようです。

昔は携帯電話なんて無くて、文通や公衆電話で話していた・今の人は携帯に支配されすぎている、こんな意見を聞くこともあります。

しかし、手紙が主流だったころ、その文通が原因で別れてしまったり、手紙を心待ちにしすぎて郵便受けから離れられなかったり、なんていうこともあるようです。その時代によって手段は違えども、彼氏や彼女と「連絡」を取ることはとても重要なことなのです。

毎日連絡をしないと不安になる

朝には通勤時間までライン・お昼休みには電話かライン・夜寝る前まで電話、このローテーションを毎日続けているカップルもいます。

「こんなに連絡を取り合っていたら、お互い大変じゃないかな?」と思ってしまうこともありますが、そのカップルにとっては、毎日連絡を取り合わないと心理的に不安定になってしまいます。

しかしこれが成り立つのは、お互いの連絡頻度や感覚がマッチしている場合に限ります。もし片方が執拗にメールや電話で居場所を確認するなど、度を超えてしまう場合は「デートDV」といって、その行為自体がドメスティックバイオレンスになってしまうことがあるので注意です。

連絡を全く取らないカップルも

逆に連絡をほとんど取らないというカップルもいるようです。例えば、毎週土日は会う約束をしているから、お互いの家に行く時間だけ連絡をしあうというカップルもいるようです。むしろ、平日の朝に電話が来たら、「何かあったのかな?」と心配になってしまう場合もあるようです。

筆者の知人では、遠距離恋愛のカップルにも関わらず、週に一回電話する程度なんていう特殊なカップルもいました。それでもいまだに長続きしているのは驚きです。やはり大切なのはお互いどれくらい連絡を取りたいのかという感覚のすり合わせ、妥協ラインを考えることです。

メールや電話など連絡頻度のルール

smartphone-using

連絡をとる上では、ある程度二人のルールを決めておく必要があります。しかしそのルールは無理のない範囲でお互いの価値観を合わせながら決めないと、後々後悔したりトラブルが起こってしまったりすることもあります。

彼氏や恋人には必ず返事をする

これはとても大変なルールのように感じてしまいますが、ポイントは「必ず」返事をするという所です。必ずというのは、10分以内・1時間以内など細かい時間を決めてはいけません。緊急を要する連絡の場合は、その旨を伝えた上で連絡をしましょう。

だからといって、2~3日たってから返事というのは、必ず返事したからいいじゃん!というには時間がたちすぎです。せめて24時間以内くらいは気持ち的に余裕をもちましょう。

遠距離恋愛では相手の気持ちを考える

連絡をとる頻度を考える上でとても難しい状況の一つに、遠距離恋愛があります。

近距離であっても、今何をしているのか、というのは気になってしまいます。遠距離となると、連絡をとることが唯一の相手と接する手段になります。よって、毎日連絡を取りたくなったり、返事が遅いと不安や浮気を疑ってしまったり・・・なんていう場合もあります。

遠距離恋愛中は、やはり相手の気持ちや行動を考えるようにしましょう。疲れて寝ているのかな、仕事が忙しいのかな、飲み会中かな、仕事において急な予定変更もありえます。さすがに3日以上連絡が取れなくなったら少し心配してしまいますが、1日連絡が取れないこと位は普通と思った方が良いです。

スモールステップで中期的目標を!

オススメの遠距離恋愛克服方法は、中期的な目標を二人で立てることです。

例えば、来月には会える・今年の夏は旅行に行く・来年には同棲を始めるなど・・・遠すぎない未来のゴールを徐々に決めることで、二人の関係は安定していきます。小さな目標を達成して、最終的に大きな目標に到達する、これを心理学的用語でスモールステップといいます。

過剰なルールを決めすぎない

お互い「連絡をとること」に縛られすぎてしまうと、連絡をとること自体が億劫になり、義務だと感じてしまうようになります。恋愛は義務ではありません、連絡がネガティブなイメージにならないようにしましょう。

朝・昼・夜必ず連絡をする
→毎日は続けられない
→忙しくて出来ない時もある
→喧嘩や口論になる
→無理矢理連絡をする
→連絡をすることが面倒になる
→彼氏・彼女と連絡を取ることが嫌になる
→別れたいと思う。

連絡をとる=嫌な事と、ネガティブな条件付けが心理的に起こってしまっているのです。

お気に入りの女性や彼女から返信がこない時

ルールを決めたとしても、返事が来ないと不安になってしまいます。不安がイライラに変わり、怒りや悲しみになり、鬼電・鬼ラインをしてしまうこともあるようです。筆者も鬼のように連絡をしたり、されたりしたことがあるので、その気持ちは分かります。そんな時はどうすればよいのでしょうか?

携帯を見ない・連絡をしない

メールやラインがいつもなら1時間以内に返ってくるのに、さっきまですぐに返事が来ていたのに、急に返事が来なくなると心配になります。何度も携帯を見たり、電波状況をチェックしたり、落ち着かない気持ちになってしまいます。

女性は携帯を常に見ているイメージがありますが、集中する気持ちはうつってしまいます。例えば友達と電話していたら気が付いたら2時間もたっていた(筆者経験有)、10分程度立ち話をしていたつもりが30分以上たっていた(筆者経験有)、なんてこともざらにあります。

そういうときに、男性から「ライン見てる?」「おーい!」「無視?」「なんかあった?」なんていう連絡が、1時間の間に連続で来ていると、ちょっとゲンナリしてしまいます。彼氏でもなんでそんなに必死に連絡してくるの?となるし、彼氏じゃないいい感じの男性レベルだったら冷めてしまいます。

女ってワガママ!と思うかもしれませんが、そういう時の対処法はどうしようもありません。本当に大事な連絡なら、こんなこと考えている余裕も無いと思います。難しいかもしれませんが、携帯を見ない・連続で連絡を送らない、これに尽きます。

どうしても返事が必要な連絡、例えば彼女の親御さんから連絡が来た、財布や家の鍵を忘れてしまっている、など重要な連絡の時。そういうときは、10分くらい連絡が取れなかったら「~が理由で何度も連絡してます!至急返事ください、3時間以内に連絡来ないときは、家に届けるね!」など、連絡が来ない場合どうするかというのも、書いておくといいかもしれません。

恋愛=連絡では無い

長く付き合う上で連絡をとる頻度というのはとても重要となります。しかし、もっと重要なのは「連絡の頻度が多い=強い愛情がある」という訳ではありません。恋愛を連絡と同等に考えてはいけないということです。

二人の納得するルールを決めて、歩み寄りをしなければいけません。毎日常に連絡を取りたい彼氏と、連絡不精な彼女の場合、「基本的に24時間以内に返事をする」など、お互いの妥協点を見つけましょう。

お互いの価値観を大切に

control-girl

連絡事だけではありませんが、全ての価値観が一致するわけではありません。

価値観が合う人と付き合いたいものですが、他人同士お互いの価値観を合わせようと努力することが必要です。この価値観を合わせる努力がどれだけできるかによって、恋愛がうまくいくのか否かが決まるのかもしれません。

以上、星田がお送りいたしました!

人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜナンパを続けることが出来たのか?」
「どうやってナンパで成果をあげているのか? 」

「どんな奇跡が起きて、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「ミスコンの彼女をゲットした時何を思ったか?」
その全てがここに!