【デブは甘え?】痩せたい・鍛えたい人へオススメの筋トレ特集

こんにちは、キャバ嬢歴6年の葵です。

はっきり言うと、男は筋肉質の方が良い!

良く男性のダイエットのビフォーアフター画像を目にしますが、同じ人だとは思えないくらいイケメンに見えるんです。

モテたいなら、整形よりも適度なマッチョを目指すべき。

デブだというだけで、いろいろな面で損をしているかもしれませんよ。

そこで今回は、多くの方のテーマである筋トレについてお話していきたいと思います。

太っていることは、ただの甘えなのでしょうか?

また、なぜデブは嫌われるのか、体型が変わるとどんな良いことがあるのかに焦点をあててみました。

それらを踏まえ、筋トレを始めたい方におすすめのサービスやサプリをご紹介していきます。

デブは甘えとは限らない!

kintoreosusume1

なぜ太っているのかと聞かれても、はっきり答えられないものですよね。

自分の意思が弱い、ただの甘えだと思われることの方が多いでしょう。

しかし、デブは本当に仕方のないことなのでしょうか?

自分は太りやすい体質だと思っている方は、その原因を見直し、筋トレへの強みに変えてみませんか?

 

太りやすい体質はもはや才能

男性のなかには、太りたくてもなかなか太れない人もいます。

女性は細い分にはいいのですが、男性はガリガリ過ぎても気持ち悪い、ヒョロガリだと馬鹿にされてしまいますよね。

また、しっかりとした筋肉の付いた体を目指すためには、一旦バルクアップというものが必要です。

筋肉を大きくするためにあえて太る期間のことですが、太りにくい体質の方では思い通りにいかず苦労するでしょう。

つまり、女性からも男性からも羨ましがられるお手本のような体を作るためには、太りやすい人のほうが理想に近づきやすいということ。

「どうせ太りやすい体質だから…」と諦めるよりも、太って筋肉を大きくし、筋肉を残しながらダイエットをして太りにくい体に変えてしまうのがおすすめですよ!

筋肉はエネルギーの焼却炉なので、ある程度食べても脂肪になりにくい体を手に入れることが出来るのです。

太りやすい体質であることは、ある意味才能。

その才能をプラスの方向に活かさないのはもったいないでしょう。

 

ストレスフルな環境と食事

デブな人は、キツイ言い方をすれば『自己管理が出来ていない人』と思われてしまっています。

ただ自分に甘いから食べすぎている、太っていると言われることもあるかもしれませんが、実際は環境や精神的なものによっても左右しているのです。

特にストレスが溜まるような日常を送っている方は、太りやすいのも無理はありません。

人間の脳は、ストレスを感じると癒やし効果を求めて食べ物を欲します。

糖質や脂質の多いものほど癒やし効果は大きく、それを覚えた脳はストレスに耐えるためにどんどん食事を求めるようになるのです。

また、ストレスで自立神経が乱れることも原因のひとつ。

満腹中枢の働きを鈍らせたり、摂取したエネルギーをうまく消費せず脂肪として蓄えるようになってしまいます。

『デブはただの甘え』ではなく、ストレスから体が太りやすい状態に変わってしまっているからなんですよ。

 

まずは根本的な問題の解決を

まずは、筋トレで体型改善するには食生活を見直してください。

食事制限をしろと言っているのではなく、“余計なもの”を食べていないか考えてみることが大切です。

間食ばかりしていたり、ラーメンやファーストフードばかり食べていては、いくら運動や筋トレをしても意味がありません。

炭水化物は一切とらない!カロリー計算をする!という方法では、キツイし続きませんよね。

「これ食べちゃおうかな…」とたくらんだものだけ、食べるのをやめてみてください。

ある程度体型の変化が実感出来るようになってくれば、自然と意識が上がって食事をもっと気を付けるようになりますし、体が慣れて苦痛に感じなくなりますよ。

 

人はなぜデブを嫌いダイエットするのか

kintoreosusume3

太っているだけで、マイナスなことがたくさんあります。

これは自分で感じることだけでなく、人からの評価にも影響しているのです。

なぜ人はデブを嫌うのか、ダイエットをしたがる人が絶えないのか、その理由を挙げてみました。

 

なによりモテる

男でも女でも、マニアックな方でなければデブを嫌う傾向にありますよね。

なぜデブが嫌われるかというと、私たちの美の基準が“痩せている人、筋肉質な人”だという固定概念があるからです。

モデルも芸能人も、美しい、かっこいいとされる人にデブはいませんよね。

また、ブスと言われる人の特徴と言えば、一重・低い鼻・顔が大きいということが挙げられますが、デブは顔に付いた脂肪のせいで生まれ持った顔のパーツが本来の姿で見せられていない可能性があります。

痩せただけで輪郭がシュッとし、だんご鼻が改善した人もたくさんいますよ。

何百万もかけて整形するより、ダイエットをしたほうが変化が大きいと言われています。

恋愛対象になるためには、デブから脱出して初めてスタートラインに立てるわけなのです。

性格や恋愛テクニックを磨く前に、まずは外見を変えて女の子を引き寄せることから初めてみましょう。

 

精神が安定する

デブというだけで、自分に自信がなくなるもの。

「自分はなにをやっても無駄」という考えに陥り、ファッションにも美容にも興味がなくなってしまいます。

そのうち痩せることよりもデブを隠すことに一生懸命になって、恋愛をしたところで成就するわけでもないと考え、どんどん卑屈で内向的な性格になっていくのです。

性格の悪いデブが多いのは、自分の価値を上げるよりも相手の価値を下げることに必死になってしまうから。

認められない自分を他人のせいにしたがるのです。

これは、これを書いている私自信がもの凄く太っている時期があったから言えることです。

しかし、少しでも痩せると、全く精神状態が変わってきます。

部屋を綺麗にしたくなったり、ファッションや美容にお金をかけるようになり、人付き合いにも積極的になっていくのです。

もともと痩せていてある程度顔が整っている人よりも、デブから変化した人のほうが、自分に自信がつくことによる精神の変化が大きいですよ。

 

体調が良くなる

デブは万病のもと!

内蔵脂肪によるからだの内側からもたらされる病気もありますし、関節などにも負担がかかります。

心臓に負担がかかっているため血圧も上がり、体が重くなるとなんだかだるい気がして運動をする気にもなれないという悪循環に陥ってしまうのです。

しかし、痩せると嘘のように体調がよくなるんですよ。

代謝活動も盛んになるので美肌効果もあります。

内蔵が本来の機能を取り戻し、心も体も軽やかになることが出来るでしょう。

 

筋トレのススメ。話題の筋トレに効くサービス・商品をまとめてみる

kintoreosusume4

ダイエットと言えば食事制限を思い受かべる方が多いですが、やるべきことは“筋肉を付けること”です。

もちろん食事管理をしっかりして、余計なカロリーや糖質をとらないことはかなり重要。

しかし、一時的に食事を減らして体重を落としたとしても、食べる量が戻ればまた太るのは当たり前ですよね。

それよりも、体の脂肪と食べ物のエネルギーを燃焼する筋肉を増やすことがいちばん効果的で、体型維持をしやすい方法なのです。

では、具体的に筋トレで体を変えていくためにはどうすればいいのかをお話していきます。

 

区営ジムでお得に筋トレ

区営や市営のジムは、一回の利用料が数百円とかなりお得!

ほとんどのところが200円程度で利用することができ、設備も整っているしトレーナーがいるところもあります。

月額1万円近く払ってジムの会員登録をしても、続ける自信が無い、仕事でなかなか行く時間がとれないという方は、まずは区営・市営ジムに行くことをおすすめします。

器具を使ったトレーニングをしたあとは、トレーナーに自宅で出来る効果的な筋トレを聞いてプロの筋トレメニューを作って貰えば、ジムに行けない日でも筋トレが出来ますよ。

 

プライベートジムで意識高く

ライザップなどで有名になったプライベートジムは、最初に自分の筋肉量や脂肪量、普段の生活からデータを抽出したうえで、自分に合ったトレーニングメニューを作ってくれます。

定期的に身体測定があり、同じ器具でも体のレベルによって使い方を変えた方法を教えてくれますよ。

また、会員制のため設備や衛生面が良く、混み合ってトレーニングが出来ないという状況を防ぐことも出来ます。

プライベートジムなら若い女性会員も多いため、出会いのきっかけにもなりますよ♪

料金は区営・市営ジムと比べると高いものの、平日の夜だけ、週末だけなど、ジムに行ける日によってコースがあるため金額も変わります。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

 

筋トレに重要な栄養はサプリで摂れる

筋肉を作るために必要な栄養素は、なかなか食事だけで摂ることは出来ません。

サプリって気休めに見えて、筋肉を作るためには意外と重要なものなのです。

筋トレをするうえで必要なサプリは、以下の4つ。

1,ホエイ(タンパク質)

 筋肉を付けるために必要。筋トレをするなら必須。

2,BCAA(アミノ酸)

 筋肉を増やすためのエネルギー源。体内では作られないため、外から摂取しなければならない。

3,EAA(アミノ酸)

 筋トレで筋肉の分解を押さえ、筋肉を作る。

4,クレアチン(タンパク質)

 筋肉のパワーの持続力を上げる。筋トレ時におすすめ。

これらのサプリを摂取することで、筋肉の成長を助けて効率良く筋トレをすることが出来ますよ。

はじめのうちは、何種類ものサプリを無理して摂ることはありません。

大きく分けて、タンパク質とアミノ酸を摂ることから意識してみてください。

また、サプリではなくプロテインでも良いんじゃないの?という疑問が生まれると思います。

もちろんプロテインでもかまいませんが、サプリよりも吸収されやすいため、体重が増えやすいというデメリットもあります。

ただ筋肉を付けたいならプロテイン、脂肪を落としながら筋肉を付けたいならサプリがおすすめですよ。

理想のストロングスタイルへ!HMBマッスルプレス


伴風京、LINE@始めました

友だち追加