「モテない男」にならないで。「女性に好かれる男」5つの特徴

moteruotoko1

こんにちは。キャバ嬢歴6年の葵です。

顔がイケメンでも、モテない男性はたくさん居ます。

しかし、本当の「女性に好かれる男」というのは不思議な魅力がありますよね。

モテる男は内側からにじみ出るイケメンオーラがあるのだと確信していますが、具体的にはどんな特徴があるのかを考えてみました。

また、女性に好かれる男といえばホストです。

お金を出してまで相手と一緒に過ごしたいと思わせるのは、女性の心をガッチリ掴んで離さないから。

私も同じ異性を相手にする水商売だからこそ、学ぶところがたくさんあることがわかります。

では、実際にどんなテクニックを持っているのか、過去にホスト通いをした経験を持つ私がご紹介していきたいと思います。

 

女性に好かれる男性の5つの特徴

moteruotoko2

女性に好かれる男性には共通の特徴があります。

魅力の源はどういったものであるのかを挙げてみました。

どれも生まれ持ったものばかりでなく、今からでも真似できるものばかりですよ。

 

 イケメン

女性に好かれる男性といえば、当たり前のことを言っているようですがやはりイケメンです。

顔が整っているイケメンはもちろんのこと、雰囲気イケメンだってOK。

自分の顔面レベルが普通だと思っているのであれば、今からでも雰囲気イケメンになることは可能ですよ!

しかし、顔がイケメンだからと言って努力を怠っていたり、自意識過剰な性格になっていては女性から引かれてしまうので注意してください。

 

 ファッションセンスが良い

ファッションは、男性の魅力を引き立てるためにも重要なツール。

あまり狙いすぎたファッションでは逆効果ですが、爽やかさと清潔間を意識したものであれば女性に嫌がられることはありません。

先程もご紹介した『雰囲気イケメン』になるにはファッションも大きな鍵を握っているので、日々研究してみましょう。

 

 スキンケアを怠らない

モテる男にお肌が汚い人はいません。

生まれつき肌荒れに悩んだことが無いという方もいますが、男性は女性よりも皮脂の分泌量が多い分、肌荒れしやすいと言えるのです。

また、肌が荒れてしまってもメイクで隠すことは出来ませんよね。

そこで重要なのが、普段からのスキンケアです。

ニキビを始め、ガサガサしていたり毛穴が目立ったり、オイリーなお肌では清潔感を下げてしまいます。

肌に自信が無い方は、普段からアクネケアやオイルコントロールの洗顔料、化粧水などを使ってみましょう。

 

 女心をわかっている

モテる男は、女性の扱いも上手いものです。

女性は何をされたら嬉しいのかをわかっていますし、レディーファーストの心を忘れません。

さりげない気遣いが出来る男性こそ、モテる男だと言えます。

例えば、女性はやたらと記念日を気にしますよね。

しかし、男性はそういったものには疎い人が多いです。

日付を覚えるのが苦手であればスマホのカレンダーに記入しておいたり、細かな工夫ひとつが女性を喜ばせますよ。

その他にも、食事に行ったらドアを開けてあげたり、さりげなくソファ側に誘導したり、なにげない行動にも女性は反応するもの。

私自信、女性は面倒であるとともに単純なところも多いと思っているので、上手く転がしてくださいね。

 

 ポジティブマインド

いつも前向きで明るい性格の男性は、人を引きつける力があります。

ポジティブマインドと言っても、ナルシストや自意識過剰とは違いますよ。

人の輪の中に居ればムードメーカー的な役割を果たし、みんなから信頼される存在になりましょう。

こういった方は合コンに誘われることも多くなりますし、ただの盛り上げ役だけで終わるのではなく女性からも人気を集めます。

普段からなにかとクヨクヨしたり、ネガティブな発言ばかりしている人には魅力を感じません。

自分はどんな人物と一緒に過ごしたら楽しいかを考えてみましょう。

 

なぜモテる?恋愛のプロであるホストに学ぶ女の心理攻略テクニック

moteruotoko3

人気のあるホストは、何人もの女性から好意を寄せられ、身を呈してでも貢献したいと思わせます。

そんなモテるホストはどんなテクニックで女性を虜にしているのかを学び、実践していきましょう。

 

 メールやLINEがマメ

ホストは本当に連絡がマメです。

それは営業のためではありますが、異性からの連絡は、嫌いな相手でない限り嫌な気はしないもの。

何気ないことをメールしてきたりするのはもちろん、メールやLINEのやり取りを途切れさせないことが上手ですね。

前日に「おやすみ」で終わっても、次の日には「おはよう」から再びやり取りを再開するような習慣を作ってしまうんです。

そうなると、女性側もくだらない話や些細な出来事でも一番に連絡しようと考える相手になるんですよ。

たまに電話も交えておけば直接会うことに抵抗が無くなりますし、むしろ会いたいという気持ちをつのらせるのです。

日常に自分を刷り込むことが女性を夢中にさせるテクニックのひとつと言えますね。

 

デートのパターンが多様

売れているホストは、お店の外でも夢を見させてくれます。

まるで本当の彼女かのように振る舞うのはもちろん、女性が好むデートコースをしっかり押さえていますね。

「今日は〇〇に行きたい、〇〇が食べたい、〇〇がしたい」という要望に臨機応変に応てくれるのはもちろん、なんでもいいという返答でも期待を裏切らないデートスポットに連れて行ってくれるのです。日頃のリサーチが大切ですよ。

 

 たまに弱いところを見せる

基本的にはポジティブマインドなので一緒に居て楽しいと思わせてくれますが、ふとしたときに少しの弱音を吐かれると、母性本能がくすぐられるものです。

自分だから弱いところを見せてくれたのかと勘違いしてしまいますし、支えてあげたいと思ってしまうんですよね。

完全に売上に貢献してもらうためのテクニックですが、もちろんプライベートの女性攻略にも効果的。

ただ、あまりにも弱音が多いとメンヘラで陰湿なイメージがついてしまうので注意が必要です。

 

 自分のことを理解してくれているかのような話術

相手の心を開くテクニックとして、相手の弱いところを理解しているかのような話術を使います。

具体的には、「いつも頑張りすぎてるから心配」「今までいっぱい辛い思いしてきたでしょう」「弱い自分も見せていいんだよ」という、いわゆる泣かせ技。

人は誰だって辛い過去を持つものです。家族、恋愛、仕事など、今まで一度も苦労したことが無いという人の方が少ないくらいですよね。

そこを突いて、「俺なら受け止めるよ」と女性の心の拠り所となることで、”数少ない自分を理解してくれる人”と認識させるのです。

決して押し付けがましくせず、自然と相手が心を開くように適度な距離を保つことを忘れてはいけません。

「わかったような口を聞いてくる」とマイナスに捉えられてしまったら終わりですよ!

 

 共感上手

女性は常に共感を求める生き物なので、ホストはどんな愚痴や意見にも共感してくれます。

愚痴であれば「それ腹立つね、俺だったら嫌だわ」と話に乗ってくれますし、意見には「凄く良いと思う!」と肯定してくれるのです。

女性の相談事というのは、自分の中で相手が返してくれる返事はこうであって欲しいと大体決まっています。

どうしたらいいかな…と意見を求めたとしても、答えは出ているので「これでいいんだ」と安心したいだけなのです。

「こうしたらいいんじゃない?」とアドバイスをしても、「でも、だって…」と納得しないのは自分の求めていた意見と違うから。

もしここで説教や自分の意見・行動を否定されることを言われれば、一気に心を閉ざしてしまいます。

 一度女性の心を掴んでしまえば、あとは引き寄せて離さなければいいだけ。

女は面倒だと言われますが、素直にするのが男性の腕の見せどころではないでしょうか。


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜ、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「どうやってナンパで成果を上げているのか?」
その全てがここに!