モテ男になる7つの条件【日常、そしてキャバクラでもモテる男の共通点】

moteruotokotop1

こんにちは。キャバ嬢歴6年の葵です。

「モテる男」と認定されるには、ある条件をクリアしている方だと思います。

キャバクラに飲みに来る男性も、やはりモテる男であればキャストの態度も変わるもの。

あとで「〇〇ちゃんのお客さん素敵だよね」という話をしたりするんですよ。

そこで今回私がご紹介したいのは、この「モテる男の条件」は具体的にどういうものなのか、ということです。

また、長年キャバクラに来るお客さんを見て、「この人かっこいい、モテるな」と判断出来るポイントもあわせてお話します。

普段の行動にも活かせることばかりですし、キャバクラでモテたい男性は参考にしてみてくださいね。

 

 モテる男の7つの条件

moteruotokotop2

モテる男は、”顔以外もイケメン“なんです!

異性はもちろん、同性からも好かれるモテ男の条件7つを挙げてみました。

 

1,清潔感のあるファッション

どんなにイケメンでも、ファッションがダサければ減点になってしまいます。

ヨレヨレの服や、毛玉やシミがあると相当残念!

モテる男は、ファッションセンスも良く清潔感があるものです。

Tシャツにジーンズだけでも十分オシャレに見えるのは、『清潔感』という土台がしっかり築かれているからではないでしょうか。

服に年季が入っていない、体のサイズに合っているというのは基本で、髪・髭にまで気を使ってくださいね。

 

2,女性に好まれる趣味

女性はアウトドアな趣味をもつ男性を好むもの。

モテる男に趣味を聞くと、多くの方はドライブやスポーツ、旅行と答える人が多いのです。

また、結婚して子供が生まれてからも家族みんなで楽しめるとイメージさせる趣味も高感度が上がりますよ。

 

3,仕事に真面目

モテる男は出来る男。

仕事の話になっても愚痴をこぼさず、上司からも部下からも人気があります。

自分の仕事にやりがいを感じている人ほどイキイキしたオーラが出ていますよ。

逆にモテない男は、毎日面倒くさいだの誰が嫌なヤツだのと「仕方なく働いている」という主張が強い傾向。

どの職種であっても、仕事に情熱を注ぐ姿はどんな人をも魅了してしまいます。

 

4,筋トレをしている体

体が良い男は不思議とイケメンに見えます。

常にダイエット願望がある方ならわかると思いますが、筋トレを日々続けるのは自己管理が出来ている人、意思がしっかりしている人でなければ出来ませんよね。

体型でだけでなく内面も評価される男性こそモテる男の秘訣です。

 

5,自信があり、マインドがイケメン

頼りがいがある人というのは、基本的にポジティブです。

自分が悩んだときに相談したくなる人は、最後に前向きな気持ちにさせてくれる人ではないでしょうか。

人の自信というのは伝染するものなので、人が寄ってくることにも納得です。

 

6,素直になるところは素直

自信がある人がモテるという話をしましたが、自意識過剰とは違います。

自分の考えや意見を曲げないのではなく、人からのアドバイスや意見も素直に取り入れることが出来る人は決して嫌われません。

自分が知らない情報には知ったかぶりをせず、素直に知識を吸収出来る人がモテる男だと言えます。

 

7,出会いを大切にする

異性からも同性からも人気のあるモテる男は、一人ひとりの出会いを大切にしています。

相手の容姿や立場で差別せず、全ての人と対等に接することが出来る人は強いですね。

一人に対しての付き合いが長いのに、新たな出会いが絶えない男性は女性からの人気も絶えません。

 

モテる男とはつまり

モテるには外見が重要だと思っている方もいますが、やはり一番は中身!

見た目が悪かったら中身さえ見てもらえないんじゃないの?と思うかもしれませんが、中身が良い男性は外見にも現れます。

美女と野獣カップルで、男性の容姿が良いとはいえないのにかなり可愛い子と付き合っている人がいますよね。

それだけ人を引きつける魅力があり、一緒にいて安心感が得られる男性だからです。

見た目が優しい、親しみやすいという印象は、意図的に作れるものではありません。

外見は体型と清潔感、ファッションに気を使っていれば、キモいとは思われないものです。

自分はモテないからと卑屈になっていては、ずっとモテないままですよ!

ある程度外見に気を使ったら、笑顔を絶やさず前向きな性格を目指しましょう。

最初から万人受けせずとも、あなたと一度関わったら離れたくなくなるようなモテ男を目指してくださいね。

 

   キャバクラでモテる男の特徴

moteruotokotop3

ここまでで一般的な男性の「モテる条件」をお話してきましたが、こういった方はキャバクラに来てもモテます。

キャストの前だけでいい顔をするのではなく、普段からモテる男として完成していなければ出来ないことばかりです。

そこで、キャバ嬢にモテる男の特徴も挙げてみました。

 

 キャストのことを考えてくれる

快くドリンクをくれるのはもちろん、キャバ嬢としっかり会話をしてくれて、話の輪に入れていない子を引き入れてくれる男性に魅力を感じます。

キャバ嬢側が気を使っていることが伝われば、もっと気楽にして良いよと優しく声をかけてくれたりと、心を開きやすい状況を作ってくれるのです。

当たり前のようなことだと感じるかもしれませんが、それが出来ていないお客さんが多いからこそキャストのことまで考えてくれる男性にはトキメいてしまいますね。

 

 楽しく飲む

キャバクラに来て、「なにか面白いこと言って!」「可愛い子がいない」と平気で口にするお客さんもいます。

こちらが話しかけてもろくに答えてくれなかったり、最初からつまらなそうにしていたり…。

本音を言うと、「何しに来たの?」と思ってしまうような人が居るんですよね。

しかし、モテる男はどんな状況でも楽しく飲んでくれます。

隣についた子が好みじゃなくても、会話が上手くいかなくても、そのシーンを楽しむことが出来ればこっちまで楽しくなるもの。

無理にネタを出して盛り上げるのではなく、自分自信が楽しく飲んでいれば全体が盛り上がりますよ。

 

 使うところは使う

お金を持っている人なら必ずモテるというわけではありません。

しかし、ケチ臭さを出さないのかモテる男。

女の子のドリンクを渋ったり、会計に文句をつけたり、一緒に来た人と割り勘するときにかなり細かったりする人は印象が良くないです。

見栄をはってお金を使う必要はありませんが、使うべきところ、出すべきところでしっかりお金を払ってくれる人はモテますし、キャバ嬢も好意のある相手からお金を搾取しようとは考えません。

 

 親しみやすい

会った瞬間からバリアを感じず、どんなキャバ嬢でもすぐに打ち解けられる人は指名の子以外からも人気です。

ユーモアがあって、笑顔が多い人が当てはまるのではないでしょうか。

「誰でもウェルカム」と自分から心を開いてくれる人であると、自分から「あの人の席に着きたいな」と思いますよ。

 

 エロささえ爽やか

モテる男性は下心やエロさを完全に隠している人ではありません。

適度な下ネタを挟んできても、本気に捉えさせないエロさが安心させてくれます。

また、「やらせて!」と言われるとちょっと引いてしまいますが、もっとフランクに言ってくれればこちらも返しやすいです。

例えば、飲んだあとはホテルに宿泊するという体であれば「仕事終わったら部屋で待ってるね(笑)」と冗談らしく言われるのは全然アリ。

返しが面倒くさいとは思いませんし、自信の無いキャバ嬢であれば「私でもいいんだ」とちょっとした安心感に繋がります。

決してしつこく言ってはいけませんが、もしかしたら「じゃあ行っちゃおうかな~」とノッてくる子もいるかもしれませんよ!?


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜ、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「どうやってナンパで成果を上げているのか?」
その全てがここに!