「人生の期待値はナンパで変わる」ナンパ本を出版します。

book-nanpa
ハイ、メイト。
 
人生初出版に浮かれてる、伴です。
 

しつこいくらい言っていますが、「人生の期待値はナンパで変わる」という本を出版する事になりました。

3行で表すと以下のような本のようです。

元パチプロニートが外資系コンサルタントに!!
ナンパをすれば人生変わる!?

低スペック男のナンパストーリー。

広告代理店の友人に書いてもらいました。キャッチコピーとしてはまぁまぁですかね……(ありがとうございますの意味)

で、この本の中で何を書いているかって言うと、

「自分とは釣り合わないと思っていた女性とナンパで出会い、コミュニケーションを取る事で、自信を付け、成長していく」

っていう話です。
 
ナンパ師の知り合いを見ていると、ナンパを始める前と後で随分印象変わったなぁと感じる人だらけです。
 
「ナンパで人生変わりました」っていうパチンコ雑誌の広告に載りそうなセリフも良く耳にします。
motekachi01
 
ナンパイノベーション起きまくりなんです。
 
初対面の人と数えきれないくらいコミュニケーションを取るんだから、当然っちゃ当然なんですが……
 
逆説的に考えると、昔から女にモテてきたって人の人生は大きく変わらないかもしれませんね。ナンパでは。
 
まぁ昔からモテてモテてしょうがなかった系男子はとんでもないブスな子と付き合って、イノベーション起こしといて下さい。
 
もちろん僻みなので、モテてモテてしょうがなかった系男子にも本を読んでもらい意見を聞きたいですね。本心は。
 
少なくとも自分の場合は、人生が大きく変わりました。沢山書きたい事はありますが、三点にしときます。
 

ナンパで何が変わったのか?

女性に困らなくなる事

 彼女なし。それどころか女性との接点もなし。
 
そんな自分がナンパを始めた事で、モデル、アイドル、キャバ嬢、風俗嬢、医者、一流企業の社員、公務員、大学生、その他色々な属性の女性をゲットする事が出来ました。
 
ナンパ師三人のゲットした女性を集めれば、全ての職業が揃うって言われるほどです。もちろん嘘ですが。
 
ただ、ロクに彼女もいない人生を送っていた自分がナンパを通じて、上述した様々な女性と関係を持つことが出来たのは本当です。
 
あの頃の自分は以下のようなサイクルに陥り、本当にモテない人間でした。(そもそも当時は、このサイクルの認識すらありませんでした……)
 
女性に媚びる→振られる→自信を失くす→恋愛対象の女性のレベルを下げる
 
ナンパを始めるとあら不思議。この反対の事が起きました。簡単ですね。完全に発明です。
 

外資系企業で働く事

普通の人より三年ほど遅れて、普通の人より格下の大学院に入学する事が決まり、俺は自分の将来を想像しました。
 
この年になって、ここよりも田舎の大学院に進学し、男に囲まれて、彼女もいない学生生活を送るだろう。その後、身の丈にあった小さな会社に就職し、人より少し安い給料で働き、その会社にしがみ付く
 
そんな事を考えていた自分が今や外資系企業で働いています。
 
「ハイ、メイト」なんて言って浮かれていてもしょうがないですよね。ちなみに英語はあまり喋れません。
 

本を出版する事

自分が二十代で、本を出版するなんて、昔の自分には全く想像も出来ないことでした。
 
「じ、自分が本を出版する事になる? そんな訳ないじゃん。しかも、テーマは、な、ナンパ?」
 
今の自分が、ナンパを始める前の自分にこの事実を伝えたら、こんな反応をするのかもなぁと想像してしまいます。
 
それか、キチ○イだと思われて、ガン無視されるか。
 
まぁ後者だったら、必死でガン無視を崩すだけなんですが。

ホームページにて、本のご紹介をいただきました

基本的には伴氏の経てきたストーリーを小説風に仕立て上げたやつです。
で、所々にナンパに使える戦略ってか考え方が盛り込まれているのが特徴ですね。
めっちゃ図が多くてわかりやすい。
外資系コンサルタントとしての実力を遺憾なく発揮されております。
図を使って説明したい、そんな夜があるにも関わらず図の作り方がわからなくて枕を濡らしている私からしたら羨むべきナンパ師といえるでしょう。
そしてストーリーに出てくる女子のセレブ度も高い気がします。
彼のブログ記事にもありましたが、300万の時計をもらったこともあるやらなんやら。
どうでもいいですけどその時計、私にください。
まあそういうセレブとの出会いってのも珍しいことじゃないですし、ホンマに事実なんですよね。
一般的な男性からしたらナンパで美女ゲットしまくるとか、ヒモるとか、会ったその日にセックスとかってやっぱおかしいじゃないですか?
全然普通なんです。なにげない日常の1コマなんです。
そういうことに関しては私自身もナンパを経たせいで一般の感覚とは大きくずれてしまっており、
本書の内容も全部普通に感じられてしまいましたが、絶対に普通ではないはずですw
大きな感動があることでしょう。
この本は単なるナンパノウハウ本ではなく、
彼がナンパを始める前のパチプロニート時代から
ナンパに出会ったきっかけ、大学院時代、
ナンパで培った能力を活かした就職活動、
一流の外資系コンサルティングファームへの内定・就職
までの道のりを描いた半自伝のような本です。
この本を読めば彼の人となりや、
なぜ彼がナンパで成果を上げることができたのかが理解できるでしょう。
この本には、彼がナンパで徐々に成果を出していく体験談が描かれている一方で、
至るところにナンパのテクニックなども解説図付きで分かりやすく説明されています。
そして、彼のナンパの体験談には、
そのとき彼が何を考えていたか、どのような感情だったのか、
ということが細かく書かれています。

発売日

そんなこんなで、明日(9月12日)から、amazon(紙の書籍とkindle)にてご購入頂けます。
また、「Koboで出版してくれたら読むんだけどなぁ」という我儘な方もいたので、そちらでも配信予定です。
※Koboでの販売を開始しました。
 
もし、ナンパを始めようと思い立ったり、シルバーウィークで時間に余裕があったり、伴に少しでも興味があったり、ち○こが付いているのであれば、是非読んでみてください。
 
では!
 

本のあらすじ

三流大学に入学し、何となく学生生活を過ごした。

大学時代、知人にパチンコで勝つ方法を仕込まれ、就職はせず大卒無職のパチプロになっていた。

レールには乗れなかったものの、朝起きて、パチンコ屋に出向き、一日中パチンコを打つ、そんな生活も初めは楽しいものだった。

しかし、その稼ぎ口は想像以上に不安定で、精神的にも体力的にも限界を向かえた結果、パチンコ屋にすら通わない純粋なニートになっていた。

そんな折、異世界に住むナンパ師に出会い、圧倒的な人間力を持つ彼に憧れを抱いた。

「ナンパをすれば俺の人生変わるかもしれない」

そんな期待をして、街に立っては見たものの、初めは声を掛ける事すらできなかった。

「やっぱりナンパなんて無理だ」

そう考えることも多々あった。それでも道に立ち、ナンパを続けた。自問自答を繰り返し、師の助けを借りながら、人間的に少しずつ成長していく。

最終的には、高学歴ばかりの外資系企業に内定を貰い、誰もが羨むようなミスコンの彼女をゲットした。

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、

「なぜナンパを続けることが出来たのか?」

「どうやってナンパで成果をあげているのか? 」

「どんな奇跡が起きて、外資系コンサルタントになれたのか? 」

「ミスコンの彼女をゲットした時何を思ったか?」

著者が人生の期待値を高めるために実践した「ナンパの考え方と方法論」・「憧れのナンパ師からの教え」を詰め込んだ一冊!

amazonKoboDLmarketで発売中です。
book-amazonbook-front-cover


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜ、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「どうやってナンパで成果を上げているのか?」
その全てがここに!