ナンパ師の会話の中に潜む心理学テクニック7つ(初級編)

talk-couple-top

ナンパ師の効果的な会話のテクニックは心理学から読み解くことができる。 

ここでは、ナンパのテクニックと心理学の関係について、初級編として汎用性の高い7つのポイントを説明する。

見た目だけでも完璧に!

looks-green-beaty

見た目がよければモテるに決まっている、確かにその通り。イケメンはモテる。

だが、ここでいう完璧は自分が出来る範囲での完璧である。

整形する必要がある、ブランド品で持ち物を固める、ということではない。

せめて清潔感のある服装をする、髪型を整える、腕時計はお気に入りのブランドにする、これだけで見え方が変わる。

まずは会話をしてもらう前に、相手にしてもらえなければ意味がない。

人の第一印象は外見が多くを占める。会話で気遣いや優しさを見せることは当然だが、まずはできる限り見た目を良くするように努めよう。

心理学ポイント「ハロー効果」

心理学において、「ハロー効果」というものがある。簡単に言うと見た目や身なりが良いと、その人自身が良く見えてしまうとい心理現象だ。

実際にナンパをされた経験のある女性に話を聞いた結果、このハロー効果は非常に重要であると感じた。

ウィンドウショッピング中に声をかけられたとき、相手は髪やヒゲがボサボサで、毛玉のついたジャンパー、傷だらけのサンダル、砕けすぎた口調・・・丁重に迅速にお断りした。

同時に自分はその程度のレベルなのか、とショックを受けたそうだ。

後日、声をかけてきた相手は、小太りであったが、スーツで身なりもしっかりしており、物腰の柔らかい丁寧な口調の男性であった。

チラリと見える時計は高級ブランド品で、革靴はしっかりと磨かれていた。仕事のためお断りしたが、用事がなかったら一緒にご飯にいきたくなるような素敵なおじさまだったそうだ。

ただのナンパをした2人なのに、彼女にとっての印象は全く異なる。1人目は、ナンパをしてきた小汚い人、2人目は声をかけてくれた素敵なおじ様。結局お金でしょ?と言われそうで怖いところもあるが、断じて違うということだけはお伝えしたい。

伴 風京

「やっぱ見た目かい!」と頭を過った方もいるかもしれません。会話したいなら、最低限のマナーはわきまえろという事ですね。

ここのポイントは、デブでもハゲでもおっさんでも良いって事ですね。自助努力で改善できるところをおざなりにしている男とは、会話したくもないと。

こちらも見た目で女性を選ぶので、文句は言えません。

その子に響くキーワードを抑えて!

brawsing-her-brain

街中でのナンパや、少しガヤガヤした場所でのナンパでも効果を意外と効果を発揮する。

その子に響くキーワードは、例えばバッグについているキャラクターのマスコットを言ってみる。

そして振り向いてくれれば、大当たり。とにかく、声をかけるきっかけになる。

今流行のアーティストやキャラクターなどをある程度抑えておくことで、このキーワードにすぐ気づくことができる可能性が増す。

毎日チェックすることで、ナンパ成功後の会話のネタにもなるので、メディアで情報をキャッチすることはオススメだ。

心理学ポイント「カクテルパーティー現象」

こんな簡単なことでナンパが成功するわけがないと思っている方も多いはず。

実はこの状態を、心理学用語では、「カクテルパーティー現象」という。名前の通り、カクテルやお酒を飲むパーティーで起こる現象であり、いくら騒がしい賑やかな場所にいても、自分の気になる言葉には耳を傾けてしまう状態だ。

街を歩いていていろいろな音楽が流れていても、自分の好きなアーティストならクリアで鮮明に聞こえた経験。

うるさい飲み会でも自分の名前を呼ばれたとき「あれ、誰か私のこと呼んだ?」という経験。これも、カクテルパーティー現象の一種である。

まずは、声をかける、ナンパをするというきっかけを作る方法としては、このカクテルパーティー現象は使えるかもしれない。

そもそも、ナンパで声をかけて無視されることも多いと思い、まずは足を止めてもらうことが大切。その後の会話は、自分自身で頑張る必要があるので注意。

伴 風京

よくナンパのノウハウみたいなのを見ていると、流行を押さえろとか、女性もののファッション雑誌を見ようみたいな事が書いてありますよね。

カクテルパーティー現象はその裏付けの一つになりますね。意外と効果があるかもしれません。やたら女性ものに詳しいなとキモがられないようにはしたいですね。

YES NOの質問はしない!

yes0no-question

「今時間ありますか?」「ありません。」終了
「もしよかったらお茶しませんか?」「いやです。」終了

この質問の特徴は、YESかNOで答えることが出来る質問であるということ。答えやすいだが、断りやすい。それでは、次の質問ではどうなるか?

「もしよければ一緒にお茶をしたいんですが、何分時間ありますか?」

例え断りたいとしても、一瞬考えてしまう。この一瞬の考える「間」が重要で、つかさず追い打ちをかけると良い。無視をせず会話をしてくれる時間ができたら、あえてここで答えやすい質問をする。

「紅茶が美味しいお店と、コーヒーが美味しいお店どちらが好きですか?」

最初にYES NOで答える質問は、答えやすいと言ったが、ここでNOが出てしまうとナンパは失敗してしまう。

なので、二者択一の質問をここですることで、一気に答えやすくなる。紅茶かコーヒーか、選ぶことは簡単だ。しかし、この質問にお茶に行かないという選択肢は無い。

心理学ポイント「開かれた質問」と「閉ざされた質問」

カウンセリングで良く使われる質問方法に「開かれた質問」と「閉ざされた質問」がある。

「開かれた質問」は、どのような・何・どんな、などを質問で尋ねる。英語でいうと5w1hといって、what/why/where/when/who/howを組み合わせて聞く方法。会話が弾んでいく。

「閉ざされた質問」は、はい・いいえで答えるため、とても簡単だが、会話は弾まない。

しかし、断定した意見・押し切りたいときには、使える方法だ。この2つをうまく組み合わせることで、会話を優位に進めることができ、主導権を握ることができるかもしれない。

伴 風京

これはあるあるですね。「忙しいですか?」とか聞くと、ほぼみんな「忙しい(yes)」と答えますもんね。基本的には、街であった初対面の男とどこかに行く理由なんてないですからね。うまくはぐらかしていきたいですね。

ただとにかく効率よく即ねらうっていう友人に話しを聞くと、逆に「忙しいですか?」ってあえて初めに聞いて、「忙しい」って答えた奴は全切りするといっていましたね。ゲット数をKPIにおいて、ナンパをしていくならそういう考え方もありますよね。私はしないですが。

「お願い」を使い分ける

request

そもそもナンパをするということは、相手の時間をもらう・一緒に過ごしてもらうという「お願い」の連続である。

このお願いはどうすれば効果的にひびくのか?ここで、効果的なお願いの仕方について、正反対の方法2つを紹介する。

小さなお願いから聞いてもらう

最初に小さなお願いをすることで、徐々に断りにくくする。これは、押しに弱い女性に非常に効果的な方法である。優しそうで、大人しそうな雰囲気を持つ女性を狙ってみよう。簡単な手順を会話例とともに紹介する。

会話例 

  1. 最初に道を尋ねる。「すいません、〇〇駅の東口の方まで行きたいんですが、どちらの方向ですか?」
  2. おすすめの店を教えてもらう。「ここに来るのが初めてなんですが、どこか美味しいごはんを食べれる場所をしっていますか?」
  3. 道案内をしてもらう。「簡単にでいいので、そこまでの道を教えてもらってもいいですか?」
  4. 一緒にご飯に誘う。「ここまでありがとうございます、お礼にご飯をご馳走させてもらえませんか?」

心理学ポイント フット・イン・ザ・ドア

セールスマンが、ドアに足をかけることが出来れば、商品を買ってくれるところまで持っていけるという、心理マーケティングの方法。

日本人は、NOとは言えない性格のため、少しずつお願いを小出しにしていくことで、なんでもOKしてしまう、YESを連発してくれると言われている。お人よしな人に対しては特に有効な方法といえる。

無理難題からお願いする

いきなりびっくりするような無理難題からお願いすることで、その後本当にお願いしたいことがまるで小さく見える。

この比較とギャップを利用した方法である。交渉の手段として使用されることも多い。簡単な手順と会話例を紹介する。

会話例

  1. 最初にいきなり告白をする。「今初めて会って一目ぼれしてしまいました。もしよければ、今日デートしてもらえませんか?」
  2. 相手が驚いている最中にしっかり謝罪をする。「いきなり失礼なことを言ってすいません。あまりにも素敵な人だったので、どう誘っていいのかわからなくて。」
  3. ハードルを下げていく。「今のは忘れてください!ごはんだけでも、馳走させてもらえますか?」

心理学ポイント ドア・イン・ザ・フェイス

最初にドアにいきなり顔を出されたら、ほとんどの人は驚いてしまう。

その後の要求や説明などは、最初に比べると全部驚きが少なく容易で簡単なことと思ってしまう効果。セールスマンが本来契約してほしい契約よりも大きな金額の契約をあえて持ってきて相手をひるませる。

だんだん金額を下げていき、最終的に本来の取ってほしい契約をしてもらう。断ることが申し訳ないと思う心理・最初に比べたら安く感じるという心理を利用して、契約にこぎつけるという方法。

自分と相手の共通点を作り出す

common-things

ミラーリングという相手のしぐさや行動をまねることで、共通点をつくり親近感を高めるという方法がある。

共通点がある、似ているというだけで、身近に感じてしまう。同じアーティストが好き・持っている財布のブランドが一緒・出身地が同じなどなど。

しかし、ナンパをした第一印象で共通点をつくることは中々難しい。

よって、カクテルパーティー現象でも紹介したように、流行を抑えておく、様々な知識を身に着けておくということが、瞬時に共通点を見つけて、類似点を見つけやすくなる。

瞬時に類似点を見つける効果的な質問「出身地を聞く」

相手と出身地が同じ場合は大変運がいい。地方や地域だけでも同じ場合も話が弾む。

仮に自分とは全く関係が無い場合でも、「仕事で何度か行ったことがあるんだけど、料理が美味しいよね。」「親戚が住んでいて昔良く行ってたから、土地勘はあるんだ。」「今度旅行行きたいって思ってた場所なんだよね!オススメの場所を教えてもらえない?」 

心理学ポイント 類似性―魅力理論

よく心理学の本や記事などで見るとにかく好きな人や異性に対して、ミラーリングをやたらとすすめてくる。どうして、似ている部分が多いと魅力を感じるのか?実は、類似性が多いと相手が魅力的に見えるという理論がある。これは、バーンとネルソンという学者が示しており、態度や性格・人格などが似ている部分が多いと、より魅力度が上がっていく。

とにかく笑わせる

laugh-girl

相手を笑顔にさせて、楽しいと思わせることができれば、ナンパの掴みとしては最適だ。

笑顔になるだけで、楽しかった記憶そのものが呼び戻されるため、一発ネタや掴みのネタを事前にもっておくと便利。

誘い笑いというものは、クスクス笑っている場所では、面白いと自分が思っていなかったとしても、なんだか笑ってしまい楽しい気分になってしまう。作り笑いだとしても、ストレスの解消にまで役立つこともある。

あるお笑い芸人のナンパの方法は、「テレビ局作戦」というものがある。

これは、2~3人でナンパを行い、事前にレポーター役・カメラ役・音声役などを決めておく。

ちなみにこれはすぐにウソとバレてしまって構わない。レポーター役の人は、ペットボトルなどを使いマイクのフリをして、女性にインタビューする。

「この後どこに行くんですか?ご予定は?」「晩御飯いくなら、イタリアンか和食どちらがいいですか?」など、聞く。

周りのカメラ役の人などは自分の持っているバッグをカメラのように担ぐなどして、わざとらしい行動をとる。こんなちょっぴり馬鹿っぽい行動をとることで、笑いながら女性は答えてくれるらしい。

このテレビ局作戦のポイントは、まずユーモアたっぷりでノリが良い。

さらに、ウソとすぐにバレる方法を使うということも重要である。テレビ局の真似事をして、必死にナンパしています!というアピールをする方が、女性もノリやすい。

ここで、本当のテレビ局に間違われるほどリアルなことをしてしまうと、そもそもがウソなので、バレてしまったときに、面倒なことになってしまうため、注意。

心理学ポイント 顔面フィードバック説とジェームズランゲ節

顔面フィードバック説は、トムキンスという学者が発表したものであり、表情フィードバック説とも呼ばれる。

表情筋や顔面筋の記憶で、感情がフィードバックされるという説。顔面の筋肉を動かすということは、感情そのものを呼び起こす要因の一つになるから驚きだ。

さらに、この顔面フィードバック説と似ている説に、ジェームズランゲ説がある。

ジェームズとランゲという学者がほぼ同時にこの説を発表したため、こう呼ばれるようになった。

例えば、「悲しい」と「泣く」はどちらが先に来ると考えるだろうか?

「悲しいから泣く」と思うが、ジェームズランゲ説では、「泣くから悲しい」と考えている。同様に、「面白いから笑う」のではなく、「笑うから面白い」という考え方だ。

このような考え方は、感情の末梢説とも呼ばれている。

刺激によって身体の生理的反応が起こるという意味である。刺激や行動そのものが、感情を呼び起こし、引き起こすということ。

ナンパの最初で笑いをとることができれば、笑わせることで、実際に楽しくなかったとしても、楽しいと錯覚させることができるのだ。

ピンチを助けるヒーローになる

tobe-hero

ピンチはチャンスという言葉があるように、ピンチを助けてくれるヒーローは必ずかっこよく見えるものである。

漫画やドラマに出てくるかっこいい男性も、ヤカラに絡まれているヒロインを助けてあげたり、自分の見をていして喧嘩や決闘をしてヒロインを守る。

そんな姿に憧れる女性も多く、そんなヒーローになりたい!と思う男性もいるだろう。

しかし、このヒーローになれる方法が身近に転がっているとは考えにくい。

さらには、ナンパといったほぼ初対面の状態でこのヒーロー状態になるのはとても難しいことだ。では、一体どうすれば良いのか?

オススメしたいようで、オススメしたくない方法をお教えする。これは、ヒーローに自分がなる状態を作り出すという方法だ。

例1 怪しい男から女性を助けたヒーロー

「いきなりすいません。今あなたの後をつけていた怪しい人がいたんですけれど、お知り合いですか?」 そう言って、後方の怪しそうな男性・もしくは小走りで反対方向に行く男性を指さしてみる。

すると、女性はドキッと不安になる気持ちとともに、安心感がうまれる。 ここで、女性に対して「今僕が話しかけた瞬間急に逃げていったので、多分もう大丈夫だと思いますよ。」という一言をかけることができれば、まるでヒーローのように見える。

しかし、この方法デメリットも多くある。

まずは、そもそもウソをついているということ。本当に怪しい男やストーカー・怖そうなヤカラから助けることができる人間だとしても、警察に行くべきである。

さらに、女性が心配して本当に警察に行ってしまったとしたら、大変なことになる。なので、あまりオススメはしないが、簡単にヒーローになる手段としては、このような方法も一つの手である。

例2 虫を取ってあげるヒーロー

「ちょっとすいません、背中に虫がついてますよ!払っていいですか?」 虫が苦手な女性は多く、虫が大好きだという女性の方が少ない。

ここで、背中という自分の見えないところに虫がついているとなると、不安で嫌悪感を抱く女性がほとんどである。そんな中、虫を払ってくれる男性は、女性にとってちょっとしたヒーローである。

ここでのポイントは、2つあり1つ目は「背中」の虫を取ってあげるということ。

「背を預ける」という意味があるように、背中は信頼や安心の証である。この自分の背中を男性に一瞬でもあずけるという行動が、自然と信頼感や安心感につながってくるのだ。

2つ目は、いきなり虫を払わないこと。女性にとっては、いくら背中といえども異性に触られたらいい気分はしない。あくまで紳士的に、虫を取ってあげるのがこっちだとしても、下手にしっかり了承を得る。

しかし、この方法にもデメリットがある。いくら用事があるからとはいえ、女性の体に触れることになるからだ。

やり方次第では、セクハラになったり、生理的に拒否されたりする可能性もあるため、注意。さらには、この方法も結局はウソをついている。

虫が本当にいた場合はこの方法はばっちり使うことができるが、そうそうこのような状態になることはない。虫がついていたといって、すいません取ってみたらゴミでしたとごまかす方法も一つである。

心理学ポイント 吊り橋効果の応用

吊り橋効果という方法は、恋愛心理学ではよく使われる方法である。恐怖のドキドキと恋愛のドキドキを錯覚させるという方法である。

アミューズメント施設に行って、お化け屋敷やジェットコースターに連れていく。そこで恐怖のドキドキと恋愛のドキドキを同一化させる。

観覧車の頂上でキスをすると、二人の愛は永遠になる・・・こんなおまじないを聞いたことがある人はいるのではないか?

これも実は吊り橋効果に裏付けされているのかもしれない。観覧車の頂上というのは、地上から一番高いところにあり、自然に高所に対する恐怖のドキドキが起こってしまう。

そんなところで告白されたりキスをされたりしたら、よりいっそうドキドキしてしまい、恋愛感情が盛り上がってしまう。

さて、この吊り橋効果の詳しい実験内容をご存知だろうか?

実際にこの実験はカナダにある吊り橋で行われた。男性の被験者は、高所の非常に不安定な吊り橋にいるグループと、安定した平地にいるグループに分けられる。

その後、女性が連絡先をどちらのグループの男性にも渡し、返事がくるかという実験を行った。結果、吊り橋にいたグループの男性の方が、平地にいたグループの男性に比べて、返事をしたようだった。

そもそも、男性平地にいた男性でもほぼ40パーセントの人間が女性に返事をしたようだ。

その時点でずいぶん数字が多いように感じてしまう、さらにこの女性は若い女性だったので、連絡を取りたくなる男性は多いであろう。

そして、予想通り吊り橋にいた男性は半分以上の65パーセントが返事をした。もしこれが男性と女性逆でやったらどうなるのだろうか?気になるところである。

そして、今回紹介したヒーローになる方法というのは、あえて恐怖のドキドキを最初に作り出すという吊り橋効果の応用方法である。

しかし、この恐怖のドキドキを作るという方法のやり方を悪用する人間がいるのも事実である。監禁をしたり、誘拐をしたりすることで、恐怖と恋愛を錯覚してしまったという事件も起こってしまった。

最後に~大切なのは諦めないこと!~

never-giveup-grit

結局ナンパ成功において大切なことは、諦めないこと・めげないこと・心を折れないようにすることである。成功するまで続けることで、ナンパの経験値になる。

ナンパレベルは着実にアップしていく。意外と、ナンパ師は努力をしていて、強い心を持ち、日々を過ごしているのかもしれない。

プロのナンパ師を目指している人はあまり居ないかもしれないが、アドバイスの1つとして、頭の片隅にでも留めておいてくれるとうれしい。

ただ、この方法を使いナンパをして仮に失敗したとしても、一切責任は負えないのでご了承ください。

伴 風京

おそらくナンパ師が読むであろうこの記事で、ナンパ師を努力家だと認めている辺りが、心理学者さんっぽいですよね。ますますディープな心理学の世界へと連れて行ってくれるそうなので、期待していてください。

他のナンパの心理学を見てみる


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜナンパを続けることが出来たのか?」
「どうやってナンパで成果をあげているのか? 」

「どんな奇跡が起きて、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「ミスコンの彼女をゲットした時何を思ったか?」
その全てがここに!