バリキャリ女子の渋谷ナンパ体験談

beauty-beast
mao_profile

こんにちは、真央です。

今回は今までの人生の中でも珍しい、
「あの人と知り合えて良かった!」と思えたナンパの話をします。

働く女性を狙っているナンパ師の方は、
ああいう男性を目指せば上手くいくんじゃないかな?
と思える相手でした。

渋谷のダイニングバーで会った彼

渋谷で一人ショッピングの終わりに

その日私は、渋谷で一人でお買い物をしていました。

休日は友達と出かけることが多いんですが、「今日はがっつり買いたい」という日は、気兼ねなく色々と移動できるように、一人で行くことが多いんです。

ちょうど前の日に、会社で理不尽なことで怒られていたこともあり、ストレス発散の意味もありました。

会社員をしていると、やっぱり自分が悪くなくても謝らなきゃいけないこともあるとはわかっているんですが、どうしてもイライラしてしまって……。

そんな事情もあり、その日はいつもよりちょっと買いすぎてしまっていて。

帰ってからご飯を作るのも面倒だったので、そのまま渋谷でちょっと飲んで帰ることに。

スペイン坂を少し登ったところにちょっと気になるバーがあったので、そこに決めました。

私はどこでも一人で行けるタイプなんですが、そのお店は気取りすぎていなくて女性一人でも浮かない雰囲気でした。

カウンターでワインを飲みながら、ゆっくり美味しいものを食べていたんです。

一人客の私にマスターの方も気さくに話してくれて、結構色々な話をしました。

その時、一つ空けて隣の席に座っていた男性もなんとなく会話に混ざっていたんです。

賢太さんという34歳のサラリーマンの方で、全然イケメンではないんですがニコニコしていて愛嬌があるタイプ。

だんだんお店が忙しくなってきてマスターとあまり話せなくなってしまい、途中から賢太さんと2人で話しました。

優しく話を聞いてくれる彼

賢太さんは色々と話を振ってくれて、今考えればナンパの一種だと思うんですが、その時は「いい人だな~」くらいの気持ちでした。

最初はこちらも気を遣って色々と話を振っていたんですが、お酒も進み会社の愚痴が多くなってきました。

初対面の人の会社の愚痴なんて、普通わざわざ休みの日に聞きたくないですよね。

でも、賢太さんは嫌がるそぶりもなく聞いてくれました。

さらにお客さんが増え、満席状態に。

そしてまた新たに1人やってきてマスターが満席だと断ろうとしたとき、賢太さんが「もう出るから」と言いました。

その時、「真央ちゃんも良かったら一緒に出ない?」と。

新しく来たお客さんは1人だったので私が出なくても大丈夫といえば大丈夫だったんですが、なんとなく注目が集まってしまい、流れに任せて一緒に出ました。

ものすごい聞き上手でびっくり

とにかく話していて楽しい!

お店を出てすぐ、「無理やり会計させたみたいになって、ごめんね」と謝ってきました。

「もしかして上手くしてやられたのかも?」と考えていたんですが、その様子を見ると本当に申し訳なさそうで、思わず笑ってしまったほど。

悪い人じゃないなと思ったので、一緒に二軒目のお店に入りました。

すぐ近くにあったバーに入り、2人でちびちび飲み始めました。

そこでお互いの仕事の話や恋愛の話など、色々と盛り上がりました。

賢太さんはすごく聞き上手で、こちらがどんどん話したくなるような雰囲気の持ち主で。

それもただ黙って聞いているだけではなく、打てば響くような相槌を打ってくれたり、「それからどうなったの?」なんて興味を持って適度に質問もしてきてくれるんです。

だから私も、初めて会った人にそこまで話すのは……と思うようなことも色々喋ってしまいました。

途中でお手洗いに立ちふと我に返り、ちょっと自分ばかり話してしまったなと反省。

席に戻ってそれを伝えると、「真央ちゃんの話は面白いし、話している姿も可愛いから歓迎だよ」なんて言ってくれたんです。

ちょっと照れましたが、女慣れしているのかなとも少し思いました。

自分のことは話さないミステリアスさ

でも、そこから一応気を遣って、賢太さんの話を聞こうと思いました。

ただ、表面的なことはいろいろと教えてくれるのに、一歩踏み込んだ話題になるとなんだか上手くかわされてしまいます。

なんだかそれがミステリアスで、この人のことをもっと知りたい!という気にさせれたことを覚えています。

「賢太さんって、女慣れしてますよね」

「そんなことないよ」

「彼女さんいるんですか?」

「彼女『は』、いないかな」

「『は』ってことは、実は既婚者だったり?」

「え~?真央ちゃんは結婚してるの?」

「してないですけど……」

「やっぱり女の人は早く結婚したいって思う?料理とかできそうだし、すぐ主婦にもなれそうだね~」

というような感じで、上手くのせられていつの間にかまた私の話に戻る、という繰り返し。

そのやり方が上手いので、自分でも気づかないうちに話をそらされてしまっています。

それを何度か繰り返して、もう詮索するのはやめました。きっと何を聞いても教えてくれないし、自分のことをあまり話したくないタイプなんだろうと判断したんです。

そこからまた私の話のオンパレード。ここでも、賢太さんの聞き上手っぷりが発揮されていましたね。

優しく話を聞いてもらったし、いいかな……

日付が変わるころになり、お店を出ようということになりました。終電まではもう少し時間がありましたが、どうしようかなと迷う時間帯です。

賢太さんの顔をちらりと見ると、「もう少し一緒にいよっか」と。

それがどういう意味か分かっていましたが、彼に対して信頼感もあったし悪い人ではないと思ったので、そうすることにしました。

「こっちが話すだけ話して、これでさよならというのも悪いな」という気もちょっぴりあったと思います。

賢太さんのおかげでストレスも解消できて、二軒目ではごちそうになっていたし、私も何か返さなくちゃという変な気分だったんですね。

そのまま道玄坂の方に向かい、てきとうなホテルに入りました。

翌日は日曜日でお互い休みだったので、ゆっくり起きてランチを食べ、別れました。

その後はたまに連絡を取ることはあったんですが、会うことはなかったですね。

私が賢太さんに連絡するときは、とにかく話を聞いてほしい時。

要するに、都合よく使ってしまっていたんです。今になれば申し訳なく思いますが、その時は「友達だし」なんて思っていました。

賢太さんも優しいので数十分、長い時は一時間以上も電話に付き合ってくれて。

たまに「ご飯でも食べながら聞くよ」と言われましたが、やんわり断っていたらそのうちに自然消滅。まあ当たり前ですよね。

色々と話していた中で、なんとなく彼女はいなさそうでした。

ただ、色々な女性と遊んでいる感じもありましたね。一緒にいて楽しいし、特にバリバリ働く女性にとっては話を聞いてくれるいい相手なんでしょう。

ああいう人と結婚したら、自分も精神的に安定して良い家庭が作れそうだななんて思える人でした。

聞き上手のポイント

good-listener

アドバイスをしたがらない

よく、男の人は会話の中で結論を出したり解決法を見つけたりすることを重視するけど、女の人は共感を大切にするって言いますよね。

あれは本当に当たっていて、別に話をする中で何かをどうにかしたいと思っているわけではないんですよ。

でも、例えば「今日会社でこんなことがあって……」と彼氏や男友達に話すと、だいたい「それはお前が○○だからじゃない?」とか、「そういう時は○○を××して……」といった返事が返ってくるんですよね。

もちろん、私のことを思っていってくれるんだろうなあっていうのはわかるんですが、別に求めてないんですよね、そういうの。

これが女子会なら「わかる!そういう人って○○でさ……」なんて同調してくれるのにって思っちゃいます。

で、賢太さんはこれが両方できる人でした。

私の言ったことに対し、「そういうことあると、落ち込むよね。真央ちゃんは○○だと思ってやったから、悪気はないんでしょ?」なんて「まさにそう!」ということを言ってくれた後に、「そういう人には△△しておくといいのかもね」とさりげなくアドバイスをしてくれるんです。

いきなりアドバイスとかされても「そんなのわかってるよ!」となってしまいますが、同じ内容でも賢太さんのような言い方だと「次からそうしよう」って思えるから不思議です。

しかも、「この人は頼りになるな」とも思えるんです。これが聞き上手というやつか~となんだか感心してしまいました。

質問が上手で話しやすい

それから、賢太さんの相槌代わりの質問も絶妙で。

色々聞かれて答えているうちに、「私ってこう思ってたんだ」っていう発見がありました。

自分でも気が付かなかった点を上手く誘導してくれるというか、よくよく考えたらこういう風にも思えるなっていうことが多かったんですよね。

そういう発見があると、じゃあ次からはこうしようかなとか、あの人は本当はこんな風に思ってたのかなとか、プラス思考でいられます。

賢太さんといると物事を良い方向に考えられるから、自然と「もっと話したい」って思えるんだと思います。

それに、彼の質問で自分でもごちゃごちゃしていたことが「こういうことか」ってスッとわかるようなこともあって。

あれはなかなか普通の人には出来ないんじゃないかなと感じました。

伴さんの本でもとにかく話を聞くことが大事と書いてありましたが、その通りだと思います。

「人生の期待値はナンパで変わる」ナンパ本を出版します。

なんでこんなに聞き上手?

これだけ聞き上手となると、なんでこんなに上手いんだろうって思いますよね。

色々と聞いてみたら、お姉さんと妹さんがいて、小さい時からそれに挟まれてきたからだろうとのこと。

どちらかの味方に付けばどちらかが孤立するから中立になるようひたすら聞き役に徹していたら、自然と女の人の話を聞くのが得意になったみたいです。

地元を離れ姉妹と会わなくなってからも、色々な女性の知り合いが増えたようで。

その人たちに対しても、お姉さんや妹さんと接するようにしていたとのこと。

それで聞き上手っぷりにますます磨きがかかったって言っていました。

だから、昔からの素質がなくても、後から努力すればこのスキルは手に入るみたいですね。

バリキャリな女性をナンパしたい人は、絶対真似したほうが良いと思います。

もちろん、そうではない女の人も自分の話を聞いてくれる人は魅力的に感じるから、どちらにせよこの力はナンパに有効ですね。

初めに書いた通り、賢太さんは正直イケメンではありません。

でも、あの人と会えて良かったなと思えます。それだけのことを女性に思わせるほどのパワーが、あの人にはあったんです。

伴風京
まず、本のご紹介あざすw

やっぱ傾聴スタイルってナンパには効果的ですよね。

誰だって初対面の奴からあーだこーだ言われたくないですもんね。

今回であれば、店を出る時の誘いっぷり、

傾聴しつつ行動は男前が良いっぽいですね。。。not-ikemen

そんな事より、途中で出てきた白黒の外人の写真。

余裕で男前やんと言わざるを得なかったです。

女の基準がよくわからんw

ナンパしたくないけど、出会いがほしいって贅沢な方には以下記事がオススメです。

【真面目な出会いがない?】女の私が試した安心の出会い系アプリ5選

【出会いがほしい?】男女4人が選ぶ出会い系アプリ


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜナンパを続けることが出来たのか?」
「どうやってナンパで成果をあげているのか? 」

「どんな奇跡が起きて、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「ミスコンの彼女をゲットした時何を思ったか?」
その全てがここに!