好き避け男と嫌い避け女【面白くも面倒な恋愛心理学】

sakeru-shinri1

こんにちは、アラサー女の星田です。

もう9月になってしまいました、この夏は最高のひと夏の恋を経験する予定でしたが、最初の一週間で初っ端からキツイひと夏の恋が終わってしまい、どう恋愛をすればよいかと根本的に迷ってしまいました。

そして理論ではわかっていても行動にはうつせない、藁にもすがる思いで何故か占いにはまった夏を過ごしました。夏の恋や占いにはまった事については、また後程の記事で・・・。

さて今回は、男性と女性の心理や行動の違いに焦点をあてて記事を書いていきます。

同じ行動でも、男性と女性では意味が全く違うという場合があり、「避ける」に注目すると気持ちは正反対になってしまう場合があります。

好きだから避けるのか、嫌いだから避けるのか、「避ける」という行動が、男性と女性では意味が全く異なってくる、これがメインテーマとなります。

男性と女性の面白くも面倒な二つの心理について紹介していきます、是非参考にしてみて下さい!

男性と女性の心理や行動は根本的に違う

sakeshin5

度々記事にも登場していますが、男性と女性の行動や心理というのは、根本的な部分で異なります。

大きな要因の一つに、「脳」「思考」には差があります。男性脳・女性脳という言葉もあるように、男性は左脳で理論的な考え方を、女性は右脳で感情的な考え方をすると言われています。

男女の考え方の違いや、遺伝子レベルで見る行動の違いについて詳しく説明しています。気になる方は、こちらの記事を参照してみてください。

>>男性と女性で異なる言葉の選び方

>>遺伝子的に女性は強い男性が好き

好きだからこそ避けてしまう男性心理

sakeshin4

最近では草食男子という言葉が一般化したように、奥手な男性が増えたように感じます。

草食を通り越して絶食男子なんていうさらに度を越した男性もいるようです。しかし、その心はピュアで少年の心を持ち続けているからこそなのかもしれません。

恥ずかしい・自信が無い

意外と男性は、自信が無いという人が多いようです。

海外の男性からみると、なぜ日本人は女性にアプローチしないのか?と不思議に思うこともあるようです。

性格の問題になってきますが、絶対にいける!という確信が無いと、積極的にアプローチできないという気持ちになります。

好きな人に断られたら嫌だから誘わない、好きでも無い女性なら簡単に誘える、真逆のようで筋の通った例もあります。

目があうとそらす

無視された、睨まれたなんて思っている女性のみなさん、ダメウーマン!そもそも、そらされるということ自体、見られているということなんです。

興味があるから見る ⇒ 目が合う ⇒ 気まずいからそらす

という流れなパターンも多く見られます。

しかし目が合ってそらされるといい気分はしません。難しい対応ですが、そんな時は余裕のふりで、

「どうしたの?何かあった?見すぎ!」

なんて、冗談交じりに声をかけて、相手の反応を確認してみるといいかもしれません。

好きだからこそ意地悪やそっけない態度をとる

好きな子に意地悪をしてしまう男子っていますよね。

小学校や中学校で良くそんな光景をほほえましく見ていましたが、これも心理学的には理由があります。

「反動形成」という心理的機能であり、防衛機制の一つです。防衛機制についての詳しい説明は、こちらの記事を参照下さい。

>>防衛機制について

簡単に言うと、自分の思いとは反対の行動をとってしまうということです。子供によくある話かと思いきや、大人でもこの反動形成は起こります。少しでも自分の気持ちに素直になれたら、と後悔した経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

嫌いだからこそ避けてしまう女性心理

sakeshin2

筆者が女性ということもあり、女性心理のテーマが多くなってしまいすいません。

同じ避けてしまうという行動でも、女性にとっては嫌いだから避ける、という場合があります。

女性って怖いな、面倒くさいな、と思う部分もあるかもしれませんが、嫌い=避けるというある意味わかりやすい構図でもあります。

2人でいると冷たい態度

女性は男性に比べておしゃべりが得意です。みんなでわいわい話したり遊んだり・・・立ち話で気が付いたら1時間以上たっていたという経験が筆者にもあります。

男性を交えたグループでも、この女の子良くしゃべるな~というタイプなのに、二人でいると口数が少ない、態度が冷たい。

照れなのか、嫌悪なのか、判断するのはとても難しいのですが、状況から判断してみましょう。

意図的に2人になったのか、結果的に2人になってしまったのか。意図的というのは、どちらかがご飯に誘って2人になり、お互いが合意の上という時です。この場合は、単に照れているだけかもしれません。

しかし、帰り道で偶然会って声をかけた、こちら側から誘って2人になった、仕事や授業などどうしようもない状態で2人になってしまった、という場合はただの照れではないかもしれません。

お互いの合意があるかどうかで変わっていきます。

他の女性を進めてくる

「○○ちゃん今彼氏いないから、狙ってみたら?あの子本当に優しくていい子だから!」

女性が女性をほめることって、多いようで本質的には見下しているなんていうこともあります。

例えば合コンを例にすると、可愛い子たくさんそろえてくるね!といった女性は、明らかに自分よりもレベルが低い女性を集めてきたなんていう話もあります。

逆にいうと、嫌みもなく必死にほかの女性を進めてくるのは、暗に私のことは諦めてね、という意思表示の可能性もあります。何勘違いしてるんだ!と女性に対してお怒りになる男性もいるかもしれませんが、女性は自分が好意を持たれているとは思っていなくても、この人は無理!と思ったら、すぐにでも脈はありませんからね!と伝える場合があります。

ただ、「Aちゃんって、可愛いよね~、今までの彼氏もみんなイケメンばかりだったし。」みたいな進められ方は、マウンティングの可能性大です。

可愛いと褒めておきながら、「今までの彼氏」+「みんな」で、男性遍歴が多いことをにおわせています。

さらに「イケメンばかり」で、Aちゃんの彼氏になるには、かなりハードルが高いということを表しています。

嫌よ嫌よも好きの内ではない場合も

よく昔から言われている言葉で、「嫌よ嫌よも好きの内」という言葉があります。

しかし今の時代、嫌と言われたらとりあえずやめておきましょう。

もし「嫌よ嫌よも好きの内」に含まれる「嫌」は、女性にとっては「どうしよっかなぁ~」と悩んでいる程度です。迷っている時に、ちょっと押すくらいでとどめておきましょう。

嫌と言ったのに無理矢理誘われた、拒否したのにきいてくれなかった、なんて女性に言われてしまったら、一歩間違えたら犯罪になってしまうこともあります。

メールやLINEの返事が遅い

基本的には、メールやLINEの返事の速度や頻度は、女性>男性です。普段、その女性がどんな風に携帯と向き合っているのかも見てみてください。

休憩中に携帯をよくいじるタイプだったら、メールやLINEの返事が遅いのは脈無しかもしれません。そういう人に「寝てて返事が遅れた」「携帯見ていなかった」なんて言われると、本当かよ!と思ってしまいます。

逆に、普段から携帯を見なかったり、忘れてきてしまったりするタイプの女性だったら、返事が遅くても納得できます。けれど、あまりにも返事が来なかったら諦める方が次に進めます。

同じ避けるでも意味は正反対!

sakeshin3

男性も女性も同じように、避けるという行動をとっていますが、その気持ちは正反対です。

逆に、同じ好きという気持ちでも、行動が正反対のこともあります。

この男性と女性の考え方や行動の違いがあるからこそ、恋愛は面白いのかもしれませんが、悩みもつきませんね。

以上、どちらかというと恋愛では面白さよりも悩みが多い星田がお送りしました!


伴風京、LINE@始めました

友だち追加