タップル誕生の評判は?【女性心理学者の苦悩】

tapple-b-top1-p

toko_profileアラサー女の星田です。

今回はよくCMや広告バナーでも登場する
「タップル誕生」
について紹介していきます。

この記事で4つ目の出会い系サイトとなります。

「いい加減良い人は見つからないの?」

というご指摘を頂きそうですが、言い訳をさせてください。

3つのサイトに登録をして、現在進行形でうまくいきそうな人、うまくいきかけた人、ふられてしまった人など、進展が無かったわけではありませんでした。

記事を見ていただければわかると思うのですが、サイトで出会いがあっても、そのまま現実世界で出会うとなると、かなりハードルが高いです。

前回記事でも書いたように、そのハードルを乗り越えて、会う約束までしたのに、既婚者子持ちで危なく自分が不倫相手になってしまうところだった・・・なんていう恐ろしい事も起こりました。

色んなことがあり、かなり出会いに慎重になってしまいます。

 

出会い系サイト「タップル誕生」のメリット・デメリット

そんな中、タップル誕生は今までの出会い系サイトとは一線を画す、特徴的な出会い系サイトだと感じました。

最初にコミュニティに登録する

どの出会い系サイトでも言えることですが、本人確認証の提出をメールで行うことは必須です。

タップル誕生は、アプリで使用しましたが、スマートホンブラウザを推奨しているようです。

そして、プロフィールとともに最初に登録するのは、コミュニティへの登録です。

いわば、自分の趣味や特技、出会い目的、などをたくさんのカテゴリーから登録していきます。

tp-b1

期間限定のコミュニティもあれば、かなりマニアックなコミュニティもあります。

最初からお互いの趣味や趣向が分かっているだけで、ぐっと距離が近づく気がします。

 

SNS感覚で使用できる

タップル誕生を使用してみて、フェイスブックやインスタグラムのような、いわばSNSに近いようなサイトだと感じました。

どの出会い系サイトでも、一応つぶやき機能や日記機能はあります。

ですが、タップル誕生では、その機能を活用している人がとても多いように感じました。

さらには、そのつぶやきに「いいね」する機能があったり、つぶやきに対して反応や返事があったり。

さらに、フェイスブックと連携しているため、フェイスブックのユーザーでログインすることができます。

もちろん連携せずにログインすることも可能ですが、SNSとして利用している人もいるのではないでしょうか?

 

リア充やパリピ多め?

私自身、そこまでフェイスブックやインスタグラムといったSNSで発信するタイプではありません。

なので、パーリ―ピーポーいわゆるパリピやリア充が多いというイメージがありました。

特に他の出会い系サイトと比べて、プロフィール写真が個人の写真ではなく、飲み会やパーティー中の複数で映っている写真を使っている人が多く感じました。

さらに、年齢も20代~30代前半でサイトを利用している平均年齢は若いのかもしれません。

 

タップで相手を判断できる

左にフリックすると「いいかも」、右にフリックすると「イマイチ」

お互いに「いいかも」をすることで、カップルが誕生します。

tp-b2

画面をタップしてマッチングしたらカップルが誕生するから、名前は「タップル誕生」なのです。

スマホを利用する人が多い現代を象徴していますね。

タップルが誕生したらすぐに表示が出るので、見逃すこともありません。

tp-b3

 

とにかくたくさんの人から連絡が来る

今まで登録したサイトの中で、一番多くの人からメッセージが来たのが、タップル誕生でした。

とにかく量が多すぎて、最初はだれから返事をすればいいのか、分からなくなってしまう程でした。

登録してから約10分間の間で、10通以上連絡が来ました。

しかし、いきなり知らない人からメッセージが来るわけではなく、マッチングした相手いわゆるタップルからメッセージが来ます。

ですが、このタップル意外と簡単に誕生してしまうんです。

初回のキャンペーンなどもあり、1日に30人ほどの人を無料でタップルできます。

しかし、イマイチをしてしまった相手には通知がいかないので、安心です。

 

心理学観点から見たタップル誕生の特徴

ドラマで有名になったアドラー心理学。

このアドラー心理学で、最近話題になったのが承認欲求です。

 

リア充とパリピって出会い系使う必要があるの?

プロフィール写真を見ても、

「こんなイケメンの人が出会い系サイト使う必要があるの?飲み会や合コンで知り合った女の子とすぐ出会えるじゃん!」

と思ってしまうような人がたくさんいました。

そもそもどうしてそんな人が出会い系サイトを使っているのか疑問に思ってしまいました。

けれど良く考えてみると、自分のプロフィール写真にわざわざかっこ悪い写真を載せる人はいません。

一番の自分のベストショットを載せたいと思うのが当たり前です。

そして、周りにたくさん友達が映っていて、楽しそうに遊んでいる様子の写真を載せたら、「この人明るくて人気者なんだろうな!と思われる」と思っているはずです。

でも、それって果たして正解なのでしょうか?

そもそも、出会い系サイトを使っている女性で、出会いがたくさんある人・リア充の人・パリピの人ってどれくらいいるのでしょうか?(かなり失礼なことを言っています、すいません。)

少なくとも、私は出会いが無いから出会い系サイトを使っています。

以前の記事でも実験をしたように、意図的にナンパされようと思ってナンパ待ちをしたこともありますが、ナンパ待ちほど空しいものって無いんですよね・・・。

もし興味のある方は以下の記事をどうぞ。

ナンパ待ちの実験

話は戻りまして、自分から積極的に男性にアピールしたり、ワイワイ騒いでいる中に入ったりするのは難しい、けれど楽してチヤホヤして欲しい!モテたい!出会いたい!という女性も私を含めて一定数います。

真面目に出会いたいと思って出会い系サイトに登録したのに、相手側の男性が

「俺は人気者だよー!いろんな人と飲み会してるよー!リア充でパリピだよー!」

とアピールされても、ちょっと自分には無理かも、釣り合わないかもと尻込みしてしまうのが本音です。

 

自分を認めて欲しい承認欲求

SNSで近年取りざたされるようになった心理学用語の一つに「承認欲求」というものがあります。

ナンパと承認欲求

以前、上記の記事で人間の欲求を紹介したときにも出てきましたが、この承認欲求は人間の心理において自然に備わっている欲求です。

誰かに認められたいという気持ちを承認欲求と言いますが、実は他人に認めてもらうだけではなく、自分で自分を認めたいと思う気持ちも承認欲求の一つなのです。

自分自身に満足しているか、理想の自分になれているのか。

以前起こった詐欺事件の犯人である女性は、SNSでブランド物を毎日アップしたり、超高級レストランで食事をする様子など撮ったり、有名人との出会いや人脈アピールを欠かさなかったり。

しかし、実際は詐欺で得たお金で必死に理想の自分を作り上げていました。

理想の自分になるために、ウソをついて犯罪をおかしてまで、SNSにアップしていたのです。

歪んだ承認欲求が問題となりました。

もちろん一般のSNSユーザーは、承認欲求はあるにしても、犯罪をおかしたり自分をウソで塗り固めたりしている人ばかりではありません。

けれど、背景にはこの承認欲求があると考えると、ちょっと自分とは合わないかも・・・と思っている人でも、意外とすんなり仲良くなれるかもしれません。

律儀にメッセージで、普段は全然出会いの場が無いため、数年前の〇〇会の写真を使用しましたなんて教えてくれる男性もいました。

ちょっとほっこりしてしまい、今でも連絡を取り合っています。

 

出会いも友達も!SNS感覚で使いたいユーザーにおすすめ

今回タップル誕生を使ってみて、メッセージを送るのも、いいねを送るのも、一番抵抗が無くテンポ良くやりとりが出来ました。

ラインをしているように、友達みたいに話がはずむことが多く、ここから恋愛に発展したら嬉しいな、と願うばかりです。

タップルを使い記事を書いてみて

読み返してみると、リア充に嫉妬しているただのアラサー女の記事にしか見えなくなってしまいました・・・。

心理学観点が入っているのが、唯一もの救いです。

後編では、実際に仲良くなった人は果たして本当にリア充だったのか、気になるサクラはいるのか、色々な所にふれていきたいと思っています。

タップル誕生のアプリは以下からダウンロードできます。
タップル誕生へ(R18)

出会い系のランキングに参加しています。
出会いがほしい人のための出会い系アプリランキング

以上、星田でした。
タップルの続編記事を書きました。

タップル誕生にサクラはいる?【遂に出会う編】


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜナンパを続けることが出来たのか?」
「どうやってナンパで成果をあげているのか? 」

「どんな奇跡が起きて、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「ミスコンの彼女をゲットした時何を思ったか?」
その全てがここに!