タイ風俗の体験記とナンパスポットを旅の達人が語る

thailand-street

suteroidタイと言えば風俗、
風俗と言えばタイ。

この国はそんな共通意識の元、
世界中の健全な男子達がこぞって訪れる観光大国である。

「タイ旅行が好き」

「ちょっとタイに1人旅に」

なんて言っている男の頭は、プーパッポンカリーに舌鼓というわけでも象にまたがってピースサインというわけでもなく、「女、女、女!」女一択だというのは目に見えている。

世界が認めるスケベ集団我ら日本人に至っては10人いれば9人は女目当て、後の1人はニューハーフを味見に……というのは置いておいて、私もまた1人でこの国に訪れたのである。

タイの風俗と言えば……

風俗店ひしめく歓楽街ナナ、スクンビット、パッポン。タイ風俗と言えばやはりバンコクだろう。

バンコクのナイトスポットに関する書籍は数多く出版され、日本人経営の風俗店も登場するなど完全にメジャー化され、もはやアングラスポットとは言い難い(しかし大都会バンコク、裏を漁ればいくらでも身の毛もよだつダークな面は出てくる)。

そこで今回筆者、ステロイドが紹介したいのはタイの東北部に位置する街、「ウドンタニー」である。

初耳の方も多いとは思うが何を隠そうこのウドンタニ―、実は各国の長期滞在型エロオヤジ達が集う裏スポット。

バンコクを遊び倒した者、その華やかさに疲れた者、あるいはあのイケイケドンドンなムードに付いていけなくなった者達が逃げるようにやってくる楽園、それが「ウドンタニー」なのである!

アジア風俗の名物置屋は壊滅、でも……

アジア風俗の代名詞でもある置屋とは、

“芸者や遊女を抱えている家。料亭・待合・茶屋などの客の求めに応じて芸者や遊女を差し向ける” 場所である。

それが進化?というか風俗化したのがアジアの置屋。店にいる女の子から1人選びお金を払ってプレイルームで事に及ぶというシンプルなシステムである。

衛生面や安全面を考えると若干の不安は拭いきれないが、一発1500円~2500円というヤッた後は女の子への罪悪感しか残らないこの値段設定で、風俗好きからのワールドワイドな支持を受けている。

このウドンタニーにもかつてはいくつもの置屋街が存在し、今は無きスワイパー村(カンボジアの負の遺産)の継承地?としてなのか少女売春まで行われていたという。

しかし摘発により一掃されたようで、筆者が訪れた2016年6月には置屋らしき店は残ってはいなかった。

実録、ウドンタニー置屋街レポート

筆者が社会見学という名目で、念のため1000バーツ札を握りしめながら向かったのは駅の北西に位置する置屋街。

その通りを歩いてみるとそれらしき小屋はあるものの、どこも扉が閉まっており営業している様子はなかった。

警察の取り締まりにより全て消え去ってしまったのか、それでもバレないようにひっそりとやっているだけなのか分からないので扉に触れてみると、なんとそのうちの1つが開いてしまった。

中に入るとテーブルの上に座る普段着姿の女性とその横に立つタイ人のオヤジが1人。しかし如何わしい雰囲気もなくただただ談笑している。

バッチリ目が合ってしまったので「Hello」と話し掛けると、「何の用だ?(意訳)」と怪訝な顔をされた。

果たして今のは何だったのだろうか? 室内には生活臭は無く誰かが住んでいるようでもなさそうだ。

奥には朽ち果てたマッサージ台らしきものが見えたので元置屋なのだろうか。

とすると女は元風俗嬢で、オヤジは元常連?

営業ができなくなった今も仲の良い関係が続いているとはなんとも心の温まる話ではないか……。と妙な鳥肌が立つのを感じながら退散。

さらに通りを進んでみると前方に自転車に乗った女の子が1人こっちを見ている(推定12才)。

外国人が珍しいのか、「また変態が来たぞ」と思われているのか定かではないが、10メートル付近まで近づいた瞬間なんと女の子が私に向かって「チュッ」と投げキッス。

「!?」

出た、児童売春! 筆者はロリコンではないし、そんな非人道的な行為はしないとここに明言しておくが、噂の真相を確かめるべく走って追いかけた。

すると曲がり角の前で私を待ち構えている女の子がウインクをしながらまた奥へと姿を消す。

これは完全に誘き寄せられているなあと、もしかしたらマフィアが出てきて殺されるかもしれないなあと、不安で奥歯をガタガタ言わせながらそんなことを3回ほど繰り返し、辿り着いた先には……。

一軒家の庭で弟らしき男の子と遊ぶ女の子の姿……。

おそらくこの子も元売春婦で、冷やかし程度で久しぶりに「営業」を掛けたのではなかろうか。

なるほど、こうやって客を獲得していたのか、気のせいかもしれないが若干お尻を上向きにフリフリしながら自転車を漕いでいた気がしないでもない。

なんだかホッとしたような胸がキュンッ締め付けられるような思いでこの置屋街を後にした。

ウドンタニ―のナンパスポット「バービア」

東南アジアにおけるナンパスポットの定番「バービア」

主にビールや料理を提供する屋台風の店で、そこで働いている女の子を口説いてどうにかしようという場所である。

いわゆるお持ち帰りではあるが日本のキャバクラと似ているようでちょっと違う。

まずチャージ代や延長料金がかかるわけでもなく、お触り禁止や本指名など店側にあれこれと制限されることもない。

あくまで自分と女の子の関係は1対1なので、キャバクラのように金さえあれば割と女を抱ける、というわけにはいかずいくら金を出してもモテない奴はモテない弱肉強食の世界(かといってケチってるとモテないが)。

その証拠に、基本的には売春婦というスタンスであるバービアガール達もタイプの男を見つければタダで抱かせることもあるし、その後も引き続きセックスフレンドとしてお付き合いすることも十分可能なのである。

そのようなチャンスや隙がある場だからこそ、目を見つめ、手を取り、覚えたてのタイ語で愛の言葉を囁くという、端から見れば「オヤジ、しっかりしろよ」と肩を叩いてあげたくなるような光景が広がるのだ。

しかし侮ることなかれ。タイにハマった日本人がそのまま現地の女と結婚し、日本を捨てるというエロオヤジ達が切望する必勝パターンが多く生まれている現場でもあるのだ。

今回はそんなビアパークin ウドンタニー、「UDビアパーク」をご紹介しよう。

※ナンパのやり方は伴氏の本を参考にしてください。

「人生の期待値はナンパで変わる」ナンパ本を出版します。

UDビアパーク探訪記

イサーン地方(タイ東北部の総称)一の性の街として名を馳せるウドンタニ―には大きく分けて2つのバービア街がある

1つは「UD」ビアパーク、もう1つは「Day Night」。この2つ、何が違うかというとズバリ前者はソフトで後者はハードということ。

何がハードかということは行ってからのお楽しみ、ということでまずは駅前にある「UDビアパーク」へ向かった。

ウドンタニ―駅を出た左右の両側にはそれぞれ大きな市場が広がっている。

右側の食品街には串刺しのカエルやタガメ素揚げを頬張るイマドキタイガール、左側にはフードコート、その隣に一丁前にステージまで備えたビアガーデンがある。

そのステージの上では何をやっているかというと、夜の街らしくポールダンスというわけではなく、地元の大学生による照れながらの軽音楽ごっこ。

中学生の即席文化祭バンドにも引けを取らないそのクオリティ、休日ともあって50人以上は客が入っているにも関わらず誰一人としてステージを気にする様子はない。

MC渾身のボケ(そもそもタイ語で分からない)も一瞬で雑音に消される始末だ。

というわけで私もステージは見ないようにしながら女の子を目当てに席に座ることにした。

ビールを1本頼むと付いて来たのは美女のMちゃんと推定78キロはあろうかというレスラー体型のタイ版ギャビ・ガルシア。

たとえ身体を絞ったとしてもそのフレームの大きさではヘビー級決定というガタイの持ち主。

やはり「霊長類ヒト科最強女子」は伊達じゃない。そんなことを言いつつもガタイ系女子?は嫌いではないのでとりあえずビールを2本追加し3人でお喋りを始めた。

「ここでどのくらい働いてるの?」

「あと少しで1年だよ」

「今は大学に行っているの?」

「ううん、学校は行ってないよ」

簡単な会話であるがここまで来るのにかかった時間、実に2分。東北地方ということもあり英語はあまり達者ではないようだ。

それもそのはず、ここ「UDビアパーク」の客のほとんどはタイ人。国王が亡くなると皆泣き崩れるという、敬虔清らかな国民達はソフト派。

物価の違いを良いことに偽りの羽振りの良さで女を抱くゲスの極み観光客達はハード派というわけだ。横のフードコートを見れば家族連れがほとんど、これは「お持ち帰り」という線は薄そうなのである。

Mちゃんに関しては私はすでに惚れかかっているわけではあるが、エロティック指向から1人でも多い女の子と仲良くなろう!というフレンドリー指向にシフトチェンジ。

ビアガール達の待機場所となっているテーブルへMちゃんを連れて移動(ギャビ・ガルシア付き)。

途中Mちゃんを1人でテーブルに座らせ、角度を色々変えての写真撮影。

シャイで結構渋っていたMちゃんを口説き落とし、メディアへの掲載の許可までゲット。

近くには男4人のみ、ガール抜きで酒を煽るグループもある中、総勢7人のタイガールを1人占めという幸せなひと時を過ごしたという次第である。

日本であればこれだけの女の子をテーブルに付けたらどうなるだろうか。領収書のことを考えるとゾッとするがここウドンタニ―ではみんなに1本ずつのビールで問題ナッシング。

占めて2000円の出費、ケチればおそらく自分のビール1本でもなんとなく楽しめちゃうのである。そう、ナンパという観点で言えば今回は「負け」であるが、私的には大勝利なのである。

最後にここまでハードルを上げたMちゃんの素顔を公開しよう。

thai-girl

いかがでしょうか。このMちゃん、言っている割にはそれほど可愛くないのである。

これがいわゆる田舎・地方クオリティ。でも媚びる様子も擦れた様子もなく、笑顔で友達のように接してくれるのがイサーン娘の素晴らしさ。結婚するならバンコク娘よりもイサーン娘一択なのである。

バンコク娘とイサーン娘とお別れして、寂しい心は日本に帰国してから出会い系で埋める一択なのである。

【出会いがほしい?】男女4人が選ぶ出会い系アプリ

伴 風京
確かにMちゃんに関しては全く羨ましくない。
と思う方も多いかもしれませんが、それを差し引いても楽しそうですね。
破天荒さがヒシヒシと伝わってきて無茶苦茶面白かったです!


人生の期待値はナンパで変わる
元パチプロニートが外資系コンサルタントになった話【発売中】

book-cover

コミュ症、学歴なし、コネなしの著者が、
「なぜナンパを続けることが出来たのか?」
「どうやってナンパで成果をあげているのか? 」

「どんな奇跡が起きて、外資系コンサルタントになれたのか? 」
「ミスコンの彼女をゲットした時何を思ったか?」
その全てがここに!